ドキュメンタリー・情報番組を中心に

株式会社クリエイティブネクサス

株式会社 クリエイティブ ネクサス

映画・ドラマも手がける映像プロダクション

ドキュメンタリー・情報番組を中心に映画・ドラマも手がけます

  • 長友ディレクター

SNSで話題の「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」を担当

最近の話題作はNHK ETV「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」です

山田孝之さんへの出演依頼交渉から始まり、シーズン1,2,3を演出してきました。毎回、放送や再放送されるたびに「山田孝之」がトレンド入りするので、ありがたく、うれしく思っています。

この番組は『わけのわからない番組』を目指してつくっています。近年、どこもかしこも『わかりやすさ』を求められる中、視聴者の皆さんは、軽薄な『わかりやすさ』を求めていないのでは? という思いがあります。世の中は、全然わかりやすくなんてない、豊かさと美しさに満ちていますよね。他者や、自分の心なんて、よくわからないことだらけですよね。

『んな、簡単にわかりやすくされてたまるか!』と思っているはずの、植物や、山田孝之さん、いろんなスペシャリストたちの思いをまとめて、かたちにしていく仕事が面白くてしかたない番組です。

クリエイティブネクサスの仕事って面白い?

クリエイティブネクサスの仕事は、映像をつくる仕事です。今はテレビ番組が主ですが、これからネットで、世界配信されるに値する作品をつくっていくようになると思います。

「仕事が面白くなるか、どうか」は、つまるところ自分が、どう体を動かし、どう心を動かすかで、ものすごく面白くすることができる仕事だと思います。最初の2,3年は、いろんな現場で体を動かさないと、心があんまり動いてこない仕事だと思います。実際に2,3年、働いてみないと、世の中の人々が、どんなことに喜怒哀楽を感じているのか、うまく感じられないので。

究極的には、映像制作の仕事は、映像で他者の心を動かす仕事です。だから、自分の心も動かせないと、他者の心を動かすことはできないと僕は思っています。それでも、自分は、誰を、何を、取材したいのか、撮影したいのか、つくりたいのか? 伝えたいのか? それらの問いを突き詰めた先に、面白いことが待っています。

映像制作の仕事は「どこでもドア」

テレビ番組や、ネット配信映像をつくるために、世界中のいろんな現場へ行き、様々な人に会うことができます。会いたかった憧れの人や、行きたかった絶景の地、ほんとうにどうしても会いたい、どうしても行きたいを思いを持ち続けていれば、その夢が叶う。それは、他の職種よりも確実にチャンスが広がっている仕事だと日々感じています。

これまでのキャリア

AD時代に担当した主な番組は、東京都の様々な社会問題を伝える情報番組や科学情報バラエティ所さんの目がテン!などです。

ディレクターデビューは化学物質過敏症の問題を伝える番組でした。念願のマイホームの建材に含まれていた化学物質によって、家族がバラバラになってしまった家族を取材させて頂きました。その頃から、人間にとって、家族とは何か、幸福とは何か、考え続け、仕事をさせて頂いている気がしています。

その後は世界の様々な環境問題を紹介するドキュメンタリー「素敵な宇宙船地球号」や、NHKの子ども向け科学番組、大人向け科学教養バラエティ番組を主につくってきました。 仕事ハッケン伝や、海外フォーマット番組アンダーカバーボスなどいろんなドキュメンタリー番組も。

いい意味で?「変態」と思われ、NHKと日本テレビの放送開始60周年を記念した番組「NHK日テレ60番勝負」で、教育テレビの人気キャラ ゴン太くんとハニ丸とうたのおねえさんを日テレに連れて行って、遊ぶ番組など、いろんな特別番組も楽しく演出させて頂いております。

今は、世界規模での公開を目指した自社制作の映画に挑戦しています。

先輩からの就職活動アドバイス

映像は、人に見てもらうために作ります。(愛するペットに見せたい人もいても、もちろんいいです)だから、人が好きな人が、この仕事には向いています。

人がうれしいことが、うれしい。人がかなしいことが、かなしい。人をよろこんでもらうことに よろこびを感じられる、そんな人が向いていると、私は思います。

朝露に輝くちいさな花、心が止まるような朝焼けの空、かなしいおばあちゃんのやさしい笑顔、あかちゃんのぷくぷくしたほっぺた

心が動く美しさ、愛しさに、この世界は溢れています。そんな美しき、愛しき出逢いを、自分だけのものにしたくない、という思いが在る方は、是非、いっしょに限りある人生を美しく、楽しい人生にするために、いっしょに映像をつくりましょう。

最新のコラム